8月19日に手稲区ケア連絡会議があり参加してきました。これは手稲区の在宅医療・ケアを提供している方々のネットワークの連絡会議で2ヶ月に1回おこなわれています。 今回は「訪問薬剤指導」についての勉強会でした。私たちもとてもお世話になっていますが、在宅医療での薬剤師さんの役割は非常に大きいものがあります。ただ服薬指導をするだけではなく、本人の状態や生活状況、介護状況等を総合的に判断して、よりよい投薬の提案が求められます。それだけに薬だけの知識ではなく、広い臨床知識が問われる分野だと思います。私たちのクリニックでもがん末期の方などの薬剤で色々と薬剤師さんから教えて頂いたりしてとても助かっています。また剤型の変更等のアドバイス、飲み残し状況など在宅で実際に診てのアドバイスや情報提供が頂けます。また今回の勉強会で在宅をやっている薬局はほとんどが24時間の対応をしているということも分かりました。 今後も連携を深めていきたいと思います。  ただ、札幌市で在宅医療に取り組んでいる薬局が載っている冊子もあって私も参考にしているのですが、実際在宅をやっていますと言っても問い合わせてみたらできないと言われることもあり、本当に24時間対応で応じてくれる薬局ってまだまだ少ないのが実情のような気もします。24時間開局までは求めませんが、土日夜間だって患者さんは具合悪くなることもありますし、特に末期がんの方で週末オピオイド系が必要になるケースって結構あると思います。自分たちの診療所で揃えておくというのも限界がありますし、今後ますます在宅で頑張る薬局が必要になってくるのでしょうね。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM