9月13日(土曜日)に篠路にある「ディサービスすまいる」さんの3周年記念講演に呼ばれて行ってきました。

すまいるさんは以前このブログでも書きましたが、私たちと同じクリスチャンの方々が経営している篠路にあるディサービスです。一軒家を利用した定員10名の小規模なアットホームなディサービスです。

私は今回「在宅医療について 最期まで自宅って可能なの?」という題で講演させて頂きました。 在宅医療について一般の方にも分かりやすいように説明し、その後終末期医療、在宅緩和ケアなどについてお話ししました。何人来て頂けるものか皆で不安でしたが、準備した40部のパンフレットがすべてなくなったようなので、まあまあの数の方が来て頂けたようでよかったです。

ホサナファミリークリニックが嘱託医をしているあいの里にある特別養護老人ホーム「白ゆり」さんからもたくさんの職員が参加して下さいました。 皆さんとても熱心に聞いて下さって感謝でした。



今回はゴスペルフラダンスの出し物があり、またいつもすまいるで作っているカレンダーの展示もありました。



カレンダーは利用者さん方が毎月ちぎり絵で作ったもので、年々クオリティーが高くなって来ているのがわかりました。





初期の頃のカレンダーです。





最近のカレンダーです。






細かく見るととても手間がかかっているのがわかります。すごいですね。


今回すまいるさんから講演の依頼があり、すまいるさんと仲のいいクリスチャンの訪問看護ステーション、訪問介護ステーションともつながりができました。今後クリスチャンの医療・福祉ネットワークをもっと広げていきたいなあと皆で話し合っています。とりあえずは月1回程度集まって祈ることからはじめましょうということで今後ともつながりが継続します。これもまた今後楽しみです。 クリスチャンの医療者の集まりは私の属しているのだけで2つあるのですが、どちらとも属していない方も結構いらっしゃることが開業後分かってきました。まだまだネットワークが不十分だなと思っています。 今後今回のつながりを突破口として色々とつながっていきたいですね。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM