10月11日(土曜日)にサッポロファクトリーホールで行われたCare Do北海道に参加してきました。この催しは昨年から始まったもので、北海道内の医療福祉に従事する方々の交流の場として始まったものです。私も昨年から参加して、その時に、あいの里にある特別養護老人ホーム「白ゆりあいの里」の片岡施設長とお知り合いになり、それが縁で、この春からその特養の嘱託医をすることになりました。特養での看取りを積極的に進めようと頑張っておられる白ゆりを医療面から支えるよう取り組んでいます。実際、この施設ではこの8月に1名、末期がんの方のお看取りをされています。これからもよい連携をしつつ取り組んでいきたいと思っています。




その施設の職員さんたちとエイジングサポート実践研究会の小川利久様もご一緒に写真を撮って頂きました。小川様は以前特養での看取りを実践されていて、多くのノウハウを蓄積されてきた偉人でございます。今回このCare Do北海道のために東京よりいらして下さいました。先生が共著で書かれた「点滴はもういらない」という本も頂きました。すぐに読ませて頂きましたが、高齢者の終末期医療に対しての素晴らしい取り組み、考え方が満載でとても勉強になりました。 皆様も是非お読みになってみて下さい。









あと 余市で訪問看護をされている岸本みくにさんにもお会いできました。惠泉マリア訪問看護ステーションという施設で働いておられます。http://www.vitaport.co.jp/maria 医療福祉農業連合体の素晴らしいコミュニティです。看取りのためのレストハウスもあります。是非一度見学したいと思っています。 他にも多くの方とお会いできました。とても素晴らしい会でした。スタッフの皆様、素晴らしい出会いをありがとうございました。


 

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM