ついに出ました!札幌麻酔クリニックの金谷潤子先生とささえるクリニックの村上智彦先生の対談本です。amazonのkindle本で、値段はなんと100円!

金谷潤子先生は私の大学の同期生です。麻酔科にすすみ、その後回復期リハビリ病棟などを経て、現在在宅医療のお仕事を札幌でされています。私は小児科にすすみ、僻地医療をして、現在札幌で在宅医療をしています。卒業後ずっと縁がなかったのですが、昨年久しぶりに再会しました。お互い札幌で在宅医療をしているということで話がすごく盛り上がりました。

金谷先生は普通の医薬品の他に、漢方薬やサプリメントなども使いこなし、どのような状況の患者さんであっても決してあきらめず、なんとか元気になってほしいと願いつつ、様々な角度から検討をして治療をされています。その一端がこの本で垣間見られます。時には探偵のように原因探しをする。そして患者さんのナラティブにしっかりと焦点をあてて、その方の症状という表面的な面だけではなく、内面をしっかりとみて対処するということに徹底されています。

1回1回の診察にすごく時間をかけていそうで、一見効率が悪く見えるのかもしれませんが、医療はこうあるべきだなあと思わされました。私も同じ在宅医療を行っていますが、潤子先生の姿勢を今回お読みし、改めて患者さんお一人お一人にしっかりと寄り添った丁寧な医療をしていかなければならない!と思いました。 この本はおすすめです。是非みなさんお読みになってみてください。


私たちのクリニックと金谷先生のクリニックとそれをつないでくれたのは「ささえるクリニック」の永森克志先生です。この「ささえるクリニック」はホサナファミリークリニックを開業する時にとてもお世話になり、ノウハウなどをたくさん無料で提供してくださいました。開業後も事務職員の研修などを受け入れてくださり、継続的にフォローしてくださっています。この「ささえるクリニック」と旭川にある村上智彦先生が院長をされている「村上医院」、金谷先生の札幌麻酔クリニック、ホサナファミリークリニックがゆるくつながりながら色々と楽しく交流しているのが「まもる会」です。人材やノウハウをシェアするという表向きの顔はありますが、だいたいはささえるクリニックが「ホサナファミリークリニック」や「札幌麻酔科クリニック」を守ってくれているような感じです。本当にいつもお世話になっています。これからは少しずつ何かお返しができればいいなあと思っています。

Comment





   

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM